メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

今週の本棚・新刊

『ルポ プーチンの戦争 「皇帝」はなぜウクライナを狙ったのか』=真野森作・著

 (筑摩選書・1944円)

 武力で他国の領土を侵す。他民族を踏みにじる。「それは20世紀前半、大日本帝国の崩壊で終わった帝国主義の手法」。そういう思い込みを打ち砕く現実を、本書は突きつける。ロシアのウクライナ侵攻だ。

 ソ連時代は一つの国だったが、分裂によってさまざまな矛盾が噴き出している。舞台は黒海に面するクリミアと、ウクライナ東部。ロシアは前者を併合し後者にも食指を動かす。著者は親露派…

この記事は有料記事です。

残り293文字(全文488文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 社会 札響コンサートマスター大平さんALS告白、退団へ 被災者支援に尽力

  3. 卓球の水谷選手への恐喝未遂容疑で駒大生2人と少女を逮捕

  4. 小6女児が2日前から行方不明 大阪府警、情報提供呼びかけ

  5. シャープ旧本社跡地にニトリ出店

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです