メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

大相撲

「平成最後」春場所へ着々 御免札を設置「面白い場所に」 担当の高島親方

設置された御免札の前に立つ春場所担当部長の高島親方(右から2人目)ら

 大相撲春場所の開催を知らせる「御免札(ごめんふだ)」が9日、会場のエディオンアリーナ大阪(大阪市浪速区)の正面に設置された。札を前に春場所担当部長の高島親方(元関脇・高望山)は「平成最後の場所になる。思い出に残る相撲を取ってほしい」と願った。

 初場所で元横綱・稀勢の里(現荒磯親方)が引退。日本出身…

この記事は有料記事です。

残り194文字(全文344文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. かんぽ生命と日本郵便に一部業務停止命令へ 金融庁 両社の調査外で不正

  2. 一時閉鎖した「明るい廃虚」のピエリ守山が超人気スポットに再生した理由

  3. 人気ブランド店「Supreme」で窃盗 衣類など数百万円被害 大阪

  4. 反社会的勢力の定義困難「お困りであれば警察に」 16日午前の菅官房長官会見詳報

  5. 女の気持ち プライドを捨てて 兵庫県姫路市・朝見房子(主婦・77歳)

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです