メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
アクセス

僧衣で運転できるかな 簡易版OK、正装は苦労

【左・簡易】白衣と布袍を着用して運転席に座る記者【右・正装】黒衣を着ると、長く垂れた袖が引っかかって計器類も隠れてしまう=いずれも福井市で

 <access>

福井県警が反則切符

 福井市内で昨年、僧衣姿で車を運転した男性が交通反則切符を切られた一件。ネット上で賛否が飛び交い、男性や仏教界は反発。福井県警は反則金支払いを求めないとした。そもそも僧衣で運転は難しい?

 男性は浄土真宗本願寺派の40代僧侶。自家用車で法事に向かう途中、警察官に止められ「運転操作に支障を及ぼす恐れがある衣服に当たる」と青切符を切られた。男性は「白衣(はくえ)」という着物に簡易な僧衣「布袍(ふほう)」を羽織っていた。法事の正装「黒衣(こくえ)」は車内に携帯していた。

 男性は「当たり前に約20年間続けてきたのに突然、駄目と言われ頭が真っ白になった」と振り返る。「これ…

この記事は有料記事です。

残り493文字(全文794文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです