メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 学んだ子、街支え 16年前から全世帯訪問 岐阜・可児

就学支援教室で、日本語の基礎を学ぶ子どもたち=岐阜県可児市で2018年9月、奥山はるな撮影

 日本に住民登録がありながら就学不明になっている外国籍の子どもについて、岐阜県可児市は全国に先駆けて2003年から全世帯の訪問調査をしてきた。中心になってきたのは愛知淑徳大の小島祥美(よしみ)准教授(45)だ。調査によって、学校に通い続けるのが難しく、15歳未満で就労や妊娠するケースも明らかになり、教育支援の充実につながった。

 小島さんが外国籍の不就学児に出会ったのは、大阪外国語大(現大阪大)の学生だった1998年。阪神大震…

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1362文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです