メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

にほんでいきる

外国からきた子どもたち 学んだ子、街支え 16年前から全世帯訪問 岐阜・可児

就学支援教室で、日本語の基礎を学ぶ子どもたち=岐阜県可児市で2018年9月、奥山はるな撮影

 日本に住民登録がありながら就学不明になっている外国籍の子どもについて、岐阜県可児市は全国に先駆けて2003年から全世帯の訪問調査をしてきた。中心になってきたのは愛知淑徳大の小島祥美(よしみ)准教授(45)だ。調査によって、学校に通い続けるのが難しく、15歳未満で就労や妊娠するケースも明らかになり、教育支援の充実につながった。

 小島さんが外国籍の不就学児に出会ったのは、大阪外国語大(現大阪大)の学生だった1998年。阪神大震…

この記事は有料記事です。

残り1148文字(全文1362文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「丸山氏早く辞め病院へ」松井一郎大阪市長 「完全に一線越えている。社会人として失格」
  2. 丸山衆院議員 聴取欠席へ 「女を買いたい」週刊誌報道、戦争発言など 自民、弁明提案
  3. 丸山氏に続き長谷川氏、舌禍相次ぐ維新 その背景は?
  4. ファーウェイ排除、中国世論沸騰 習主席は「持久戦」呼びかけ
  5. 丸山穂高氏、自民弁明要求に「体調不良で欠席」連絡 「女」発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです