メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

20年東京五輪・パラリンピック

ボランティア面談 「救急法 生かしたい」

 2020年東京五輪・パラリンピック組織委員会と東京都は9日、ボランティア応募者への説明会と面談を始めた。応募者のうち首都圏在住の400人以上が東京都内に集まり、競泳の元五輪選手で組織委戦略広報課の伊藤華英さん(34)が「ボランティアの笑顔で、選手は頑張ろうという気持ちになれる」と呼びかけた。

 応募者が自己紹介などで交流した後、面談ではボランティア経験や応募動機などを確…

この記事は有料記事です。

残り281文字(全文467文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  2. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

  3. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  4. ORICON NEWS 『翔んで埼玉』監督が暴露「冗談で企画出したら通った」

  5. 答弁訂正は「言葉が不正確」、クルーズ船対応は「一生懸命やった」 菅官房長官会見詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです