メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ストーリー

五輪2連覇、斉藤仁の息子 「鬼」の遺志、16歳立つ

 暗闇に光を放つ柔道場は熱気でむせ返っていた。東京都世田谷区にある名門・国士舘高の畳で、若武者たちが力と技をぶつけ合う。42人の男子部員の中で頭一つ突き出た190センチ、157キロの大男がいた。同高2年の16歳、斉藤立(たつる)。父の遺志を胸に、来年に迫った東京五輪を目指す男子100キロ超級の選手だ。

 父は1984年ロサンゼルス五輪、88年ソウル五輪で男子95キロ超級を連覇した仁(ひとし)さん。粘り強い足腰と鋭い眼光は「稽古(けいこ)の鬼」と称された父譲りだ。6歳から父の指導を受け、直伝の投げ技「体落とし」をじっくり磨いてきた。

この記事は有料記事です。

残り508文字(全文775文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 今度は煉獄さん? 鬼滅の刃の引用で「弱き人助ける覚悟」問われた首相 衆院予算委

  2. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  3. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  4. マンUのユニホームに苦情が殺到 「深緑」の落とし穴とは?

  5. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです