メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外埼玉・朝霞 少女監禁事件控訴審 寺内樺風被告に懲役12年
ストーリー

五輪2連覇、斉藤仁の息子 「鬼」の遺志、16歳立つ

 暗闇に光を放つ柔道場は熱気でむせ返っていた。東京都世田谷区にある名門・国士舘高の畳で、若武者たちが力と技をぶつけ合う。42人の男子部員の中で頭一つ突き出た190センチ、157キロの大男がいた。同高2年の16歳、斉藤立(たつる)。父の遺志を胸に、来年に迫った東京五輪を目指す男子100キロ超級の選手だ。

 父は1984年ロサンゼルス五輪、88年ソウル五輪で男子95キロ超級を連覇した仁(ひとし)さん。粘り…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文775文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」
  2. 空自のF2戦闘機が墜落 搭乗の2人は救助 山口県沖
  3. 空自のF2戦闘機がレーダーから消える 山口県沖、搭乗の2人は見つかる
  4. ぐるっと首都圏・母校をたずねる 習志野市立習志野高校/3 高い目標へ、超一流の指導 谷沢健一さん /東京
  5. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです