メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
ストーリー

五輪2連覇、斉藤仁の息子 「鬼」の遺志、16歳立つ

 暗闇に光を放つ柔道場は熱気でむせ返っていた。東京都世田谷区にある名門・国士舘高の畳で、若武者たちが力と技をぶつけ合う。42人の男子部員の中で頭一つ突き出た190センチ、157キロの大男がいた。同高2年の16歳、斉藤立(たつる)。父の遺志を胸に、来年に迫った東京五輪を目指す男子100キロ超級の選手だ。

 父は1984年ロサンゼルス五輪、88年ソウル五輪で男子95キロ超級を連覇した仁(ひとし)さん。粘り…

この記事は有料記事です。

残り574文字(全文775文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 玉木雄一郎「新しい政治」 れいわ伸長は既成政党への警告

  4. 「エアドロップ痴漢」容疑、37歳男を書類送検 福岡

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです