メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

時事ウオッチ

都市緑地の危機 2022年問題=松永桂子

 <談論“西”発>

 東京五輪・パラリンピックと大阪・関西万博の間に都市のあり方をゆるがしかねない問題が生じるとされている。「2022年問題」だ。

 都心部では高層ビル、タワーマンションが林立し、大阪でもここ5年ほどで都市景観は大きく様変わりした。再開発が進む一方、都市や郊外に点在する緑地や農地をどう保持していくか。都市住民には深刻な課題が突きつけられている。

 政府は1991年、都市の農家を保護し、緑地を保全するため、30年間農業を営む者には課税を宅地よりも…

この記事は有料記事です。

残り1167文字(全文1396文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 和歌山・御坊祭 暴力団トップ寄贈の旗掲げる「分かっていたが…」「注意するのも…」

  2. 「松本走り」「茨城ダッシュ」「伊予の早曲がり」…地域特有の危険運転に苦慮

  3. WEB CARTOP 高速道路で走っているパトカーを追い越してはいけないのか?

  4. 桃山時代最高峰の仏師・宗印の仏像、大阪で見つかる

  5. WEB CARTOP 日産GT-Rのイベントにボコボコの事故車2台が展示された理由とは?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです