メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

藤原帰一の映画愛

ファースト・マン 月着陸成功への道のり、命がけの危険リアルに

 いまから半世紀前の1969年、宇宙船アポロ11号の船長ニール・アームストロングは、月面に足を踏み降ろし、一人の人間にとっては小さな一歩だが人類にとって偉大な飛躍だと述べました。人類初めての月世界旅行です。

 でも、宇宙旅行を描いた映画にはひねった筋が多い。「アポロ13号」は月に着く前に事故に遭遇しましたし、私が大好きな「カプリコン・1」なんて、火星に行くはずだったけど、実は宇宙飛行士たちは着陸したかのような映像を流しただけだった。ベトナム戦争の時代にふさわしい陰謀史観ですね。

 この「ファースト・マン」は、しかし、そんなひねくれたことはしません。あくまで正攻法で、第1回の月着…

この記事は有料記事です。

残り1323文字(全文1613文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
  4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
  5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです