メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

仏大統領、デモ収束へ国民投票検討 「聞く耳持たない」イメージ払拭狙う?

フランスのマクロン大統領=AP

 【パリ賀有勇】フランスのマクロン大統領が、政権に抗議する黄色いベスト運動によるデモを収束させるため、自身の公約などを問う国民投票を今年実施する可能性が取りざたされている。実施されれば14年ぶりとなる。結果によって求心力が左右される「もろ刃の剣」をマクロン氏が抜くかどうか注目される。

 パリなどでは9日も13週連続となるデモが実施され、収束は見通せない状況だ。

 マクロン氏は1月から「国民討論会」を各地で開催している。国民の意見を政策に反映させる方針で、インタ…

この記事は有料記事です。

残り873文字(全文1103文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 羽生結弦、『弱虫ペダル』小野田坂道とイラスト共演 『ツール・ド・東北』駅グラフィック掲出へ

  2. 「突然画像が表示されて」「自分は特定されているのか」エアドロップ痴漢 被害女性、パニックに

  3. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  4. 家裁送致 放火容疑中学生を窃盗で 地検 /熊本

  5. カップ麺 和歌山の味、手軽に 日清食品が26日発売 /和歌山

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです