メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

ローザンヌバレエコンクール 日本人3人が入賞

第47回ローザンヌ国際バレエコンクールの最終選考でクラシックの演技を披露する佐々木須弥奈さん=スイス・ローザンヌで9日、共同
最終選考進出を決め、笑顔の(左から)住山美桜さん、佐々木須弥奈さん、淵山隼平さん、脇塚優さん=スイス・ローザンヌで8日、共同

 若手バレエダンサーの登竜門、第47回ローザンヌ国際バレエコンクールの最終選考が9日、スイス西部ローザンヌで行われ、東大阪市出身でスイス留学中の佐々木須弥奈(すみな)さん(18)が3位に、大阪市出身でハンガリー留学中の脇塚優(ゆう)さん(17)=向陽台高在籍=が4位、東京都出身でスイス留学中の住山美桜さん(18)が8位に入賞した。

 本選には世界各地から74人が出場、最終選考には21人が残っていた。優勝は米国のマッケンジー・ブラウンさん(16)だった。

 佐々木さんは授賞式後「舞台を楽しむことができた。まさか入賞するとは思っていなかったので、本当に夢のような信じられない気持ちです」と喜びを語った。佐々木さんは、スイス人や同国留学中の出場者を対象に選ばれる「ベスト・スイス賞」も受賞した。

 脇塚さんは本番でミスもあったというが4位の結果に「感無量。とてもうれしいです」と笑顔。「もっと大きな夢を見て、さらなるステップを踏みたい」と意気込みを語った。(共同)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです