メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

2人の医師に聞く「がんになる前に知っておくこと」

24歳で乳がんになった経験がある日本テレビ記者の鈴木美穂さん(右)に話を聞く鳴神綾香さん=(C)2018 uehara-shouten

 生涯でがんに罹患(りかん)する割合は、男性で61.6%、女性で46.2%。しかし、いまだ「自分とは関係のない怖い病気」というイメージを抱く人が多い。「がんと向き合おう」。義妹をがんで亡くした上原拓治さんはそのような思いで、現在公開中のドキュメンタリー映画「がんになる前に知っておくこと」を企画・プロデュースした。【西田佐保子】

 「がんになる前に知っておくこと」は、「乳がんの疑いあり」と判定された経験のある女優の鳴神綾香さんが…

この記事は有料記事です。

残り2548文字(全文2762文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  2. マスク着用や消毒を徹底 水害後の感染症に警戒を

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. 平均39.2%、最高53.7% ラグビーW杯日本戦 関東地区視聴率で今年1位

  5. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです