メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
デーリー通信

(26)秀作ぞろいで混戦 第91回アカデミー賞、候補作の見どころ

今年1月のゴールデン・グローブ賞の授賞式を前に「クイーン」のブライアン・メイさん(左)とロジャー・テイラーさん(右)と再会した中島由紀子さん=中島さん提供

 米映画界で最高の栄誉とされる第91回アカデミー賞の発表・授賞式が2月24日(日本時間25日)にロサンゼルスで開かれる。今年はコミック原作や動画配信の映画が初めて作品賞にノミネートされるなど、多様な候補が選ばれた。前哨戦のゴールデン・グローブ賞の投票権を持つハリウッド外国人記者協会員で映画ライターの中島由紀子さんに作品賞の行方や候補作の見どころを聞いた。【長野宏美】

 作品賞候補は8本。中でも英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」は日本で…

この記事は有料記事です。

残り5212文字(全文5446文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、外信部を経て2015年4月から現職。社会部時代は警察庁や裁判員裁判などを担当。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  2. 水卜麻美アナウンサー 24時間テレビ「24時間駅伝」4人目のランナーに

  3. 杉田水脈議員の「住所さらし」ツイートは間違いだった 「扇動」責任の行方は

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 揺らぐ高確度ミサイル追尾 細心配慮の協定水の泡 GSOMIA破棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです