連載

デーリー通信

毎日新聞デジタルの「デーリー通信」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

デーリー通信

(26)秀作ぞろいで混戦 第91回アカデミー賞、候補作の見どころ

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
今年1月のゴールデン・グローブ賞の授賞式を前に「クイーン」のブライアン・メイさん(左)とロジャー・テイラーさん(右)と再会した中島由紀子さん=中島さん提供
今年1月のゴールデン・グローブ賞の授賞式を前に「クイーン」のブライアン・メイさん(左)とロジャー・テイラーさん(右)と再会した中島由紀子さん=中島さん提供

 米映画界で最高の栄誉とされる第91回アカデミー賞の発表・授賞式が2月24日(日本時間25日)にロサンゼルスで開かれる。今年はコミック原作や動画配信の映画が初めて作品賞にノミネートされるなど、多様な候補が選ばれた。前哨戦のゴールデン・グローブ賞の投票権を持つハリウッド外国人記者協会員で映画ライターの中島由紀子さんに作品賞の行方や候補作の見どころを聞いた。【長野宏美】

 作品賞候補は8本。中でも英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」は日本でも興行収入が100億円を超え、大ヒットした。中島さんは「個人的な思い入れがある」という。1975年4月に「クイーン」が初来日した時、通訳として2週間同行したからだ。「1枚だけ当時の写真が残っている」と見せてくれた写真には、中島さんとメンバーが並んでいすに座っていた。この写真にはボーカルの故フレディ・…

この記事は有料記事です。

残り5062文字(全文5446文字)

あわせて読みたい

マイページでフォローする

この記事の特集・連載
すべて見る
この記事の筆者
すべて見る

ニュース特集