メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

デーリー通信

(26)秀作ぞろいで混戦 第91回アカデミー賞、候補作の見どころ

今年1月のゴールデン・グローブ賞の授賞式を前に「クイーン」のブライアン・メイさん(左)とロジャー・テイラーさん(右)と再会した中島由紀子さん=中島さん提供

 米映画界で最高の栄誉とされる第91回アカデミー賞の発表・授賞式が2月24日(日本時間25日)にロサンゼルスで開かれる。今年はコミック原作や動画配信の映画が初めて作品賞にノミネートされるなど、多様な候補が選ばれた。前哨戦のゴールデン・グローブ賞の投票権を持つハリウッド外国人記者協会員で映画ライターの中島由紀子さんに作品賞の行方や候補作の見どころを聞いた。【長野宏美】

 作品賞候補は8本。中でも英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた「ボヘミアン・ラプソディ」は日本でも興行収入が100億円を超え、大ヒットした。中島さんは「個人的な思い入れがある」という。1975年4月に「クイーン」が初来日した時、通訳として2週間同行したからだ。「1枚だけ当時の写真が残っている」と見せてくれた写真には、中島さんとメンバーが並んでいすに座っていた。この写真にはボーカルの故フレディ・…

この記事は有料記事です。

残り5062文字(全文5446文字)

長野宏美

2003年入社。水戸支局、社会部、ロサンゼルス支局を経て2019年から東京社会部。2008年の北京五輪を現地で取材した。元プロテニスプレーヤーで、1995年全日本選手権シングルス3位、ダブルス準優勝。ウィンブルドンなど4大大会にも出場した。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 視聴室 美女と焼肉

  2. 1年に1度しか見ちゃダメ? 幸運もたらす謎の毛玉「ケサランパサラン」

  3. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  4. 新型コロナ 本当にデタラメなのか 河野太郎行革相が批判したNHKワクチン報道を検証した

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです