メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東日本大震災

7年11カ月 「逃げようよ」絵の看板、津波犠牲者の夫設置 釜石 /岩手

 「逃げようよ」。災害から命を守る教訓を伝えようと、このほど釜石市鵜住居町中心部に木村正明さん(63)=同市栗林町=が自ら描いた絵の看板を掲げた。11日で東日本大震災から7年11カ月。市立鵜住居小事務職員として保護者らの連絡を待っていて犠牲になったとみられる妻タカ子さん(当時53歳)の「遺言」を、子どもや地域の人々に伝える。【中尾卓英】

 鵜住居町の地名の由来ともなった伝承「津波の跡の蛸(たこ)みやげ」(田郷(たごう)地区)、「津波で石…

この記事は有料記事です。

残り736文字(全文955文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 北海道地震でデマ 道警、警戒呼びかけ「本震が来る」「中国の実験が原因」 鳩山元首相投稿も
  2. 堀ちえみさん、11時間にわたるがんの手術終わる 夫がブログで報告
  3. ORICON NEWS 堀ちえみ『金スマ』で涙の告白 当初は緩和ケア望むも、娘の一言でがん闘病決意
  4. 落語家の笑福亭松之助さんが死去、93歳 明石家さんまさんの師匠
  5. 受験と私 鳩山由紀夫さん「東大の合格確率は5%以下だった」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです