東日本大震災

命の大切さ訴え 津波で次女失った元中学教諭、茨城大で講演 /茨城

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

 東日本大震災の発生から今年3月で8年を迎えるのを前に、茨城大水戸キャンパス(水戸市文京)で10日、震災による津波で当時小学6年生だった次女を失った元中学校教諭の佐藤敏郎さん(55)による「あの日を語ろう、未来を語ろう」と題した講演会が開かれた。大学生、高校生のほか、地元住民ら約80人が参加した。

 同大の学生約50人が所属し、2012年から被災地で毎年ボランティア活動などを行っている団体「茨大東北ボラン…

この記事は有料記事です。

残り306文字(全文509文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集