全関東八王子夢街道駅伝

461チーム、八王子駆ける 大学男子、中央大AがV /東京

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 公道を走る駅伝では国内最大規模の「スーパーアルプス第69回全関東八王子夢街道駅伝競走大会」(八王子市などでつくる大会実行委員会主催、毎日新聞社、公益財団法人東京陸上競技協会後援、メインスポンサー・スーパーアルプス)が10日あり、8部門461チームが健脚を競った。【野倉恵、黒川将光】

 午前9時、スターター・石森孝志市長(実行委会長)の号砲で、一般男子など3部門がJR八王子駅北口をスタートした。

 大学男子は、中央大Aが1時間2分20秒で5年ぶりの優勝を決めた。アンカーで陸上競技部主務の佐々木遼太選手(3年)は「しっかり先頭でゴールできてよかった。チームも自分も、箱根駅伝や次につながる」。創価大Aは12秒差で2位だった。

この記事は有料記事です。

残り1011文字(全文1323文字)

あわせて読みたい

注目の特集