メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

新商品開発

地産フルーツでプリンやグラノーラ 農家と社会福祉法人が連携 ナシやブドウ、メロン加工 京丹後 /京都

果樹を生かした試作品を手にするかがやきの杜の利用者たち=京都府京丹後市久美浜町で、塩田敏夫撮影

 京丹後市久美浜町の果樹農家が地元の久美の浜福祉会「かがやきの杜」と連携し、お土産品のプリンやドライフルーツなどの新商品作りを始めた。久美浜町はナシやブドウ、メロンなど果物の有数の産地。かがやきの杜と近い利点を生かし加工しやすいレシピを開発し、長く持続する商品を目指す。【塩田敏夫】

 「久美浜フルーツトレイルグループ」が企画した。昨年から産地ならではの旬の果物のジュースやデザートを直売所で提供する「フルーツトレイル」を始めた。府内外から大勢の観光客が訪れ、好評だった。ただ、果物を生かした加工品のお土産がほしいとの声が上がり、新商品作りに挑戦すること…

この記事は有料記事です。

残り416文字(全文692文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 元AKB48・高城亜樹&J1サガン鳥栖・DF高橋祐治が結婚発表「明るく穏やかな家庭を」
  2. 「浴槽放置でゲームの時間でき好都合」乳児死亡容疑の父
  3. 「100円で150円カフェラテ」62歳男性を不起訴処分 福岡
  4. 大阪市教委 風俗店でアルバイト、女性講師を停職処分
  5. ブラックバイト訴訟 大学生「怖くて辞められず」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです