メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

児童虐待防止

「専門の国家資格創設を」 児相の機能改革も訴える 久留米で講演会 /福岡

 児童虐待防止に向けた講演会が10日、久留米市諏訪野町のえーるピア久留米であり、山梨県立大人間福祉学部の西澤哲教授が、児童相談所の機能改革や、虐待対応の専門性の向上に向けた新たな国家資格創設の必要性を訴えた。

 県、市、民間団体の主催。西澤教授は、千葉県野田市の栗原心愛(みあ)さん(10)の事件に触れ「子供の死を防げていない現状は私たちの責任」と述べ、日本では虐待死亡事例数さえ捉えきれていないと指摘。「児…

この記事は有料記事です。

残り305文字(全文508文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ブルーインパルス飛行「プロセスはどうでもいい」 経緯明かさぬ河野防衛相に疑問の声

  2. 小学校でクラスター発生か クラスメート5人感染 北九州・新型コロナ「第2波」

  3. 「アベノマスク」事業費約260億円 配布は37%どまり 菅官房長官表明

  4. 「桜を見る会」招待者内訳の調査記録作成せず 菅氏「対象者少数だったので」

  5. 政府、マイナンバー「全口座ひも付け」義務化検討 来年の法改正目指す

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです