メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

写真集

吉永さん刊行「キリシタンの里 祈りの外海」 暮らし切り取り35年 /長崎

 禁教期に信仰を守った潜伏キリシタンの歴史が伝わる長崎市外海地区で、祈りの姿や生活の様子を35年にわたり撮影してきた長崎市の写真家、吉永友愛(ともなり)さん(74)の写真集「キリシタンの里 祈りの外海」(AB判、184ページ)が長崎文献社から刊行された。祖先から受け継いだ信仰を頼りに力強く生きる集落の人々を活写している。【今野悠貴】

 吉永さんが外海地区の撮影を始めたのは1979年。古い日本家屋にマリア像が置かれるなど、独特の信仰形…

この記事は有料記事です。

残り364文字(全文581文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです