メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

あの味この味

世界一重い桜島大根 火山の恵みの伝統野菜 /鹿児島

 「世界一重い大根」として知られる桜島大根。重さ31・1キロ、胴回り119センチのギネス記録(2003年)も持っている。桜島(鹿児島市)の噴火で降り注いだ軽石交じりの水はけよい土壌と温暖な気候が育み、200年以上の歴史を持つ伝統野菜だ。出荷最盛期を迎えた産地を訪ねた。

 「煮ると絹ごし豆腐のように、口の中で溶けてなくなるよう。ほかの大根とは違うよ」

 錦江湾と霧島連山を望む鹿児島市桜島白浜町の大根畑。生産者の一人で「ファームランド櫻島(さくらじま)…

この記事は有料記事です。

残り905文字(全文1129文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. センター試験中スマホ取り出し見つかる 「わからない問題検索しようと」 全科目成績無効

  2. 7カ月乳児が9階から転落死 母親と訪ねた大阪の市営住宅から

  3. 平成の事件ジャーナリズム史 (2)綾瀬女子高生コンクリート詰め殺人事件 メディアと被害者との溝、一挙に可視化

  4. 余録 鉄道会社が列車の5分遅れを「おわび」し…

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです