メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外大飯原発の設置許可取り消し 原告側勝訴 大阪地裁判決
余録

米劇作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」が…

[PR]

 米劇作家アーサー・ミラーの戯曲「セールスマンの死」がブロードウェーで初演されたのは70年前のきのうだった。ピュリツァー賞やトニー賞に輝き、20世紀最高の劇の一つと評される▲主人公のセールスマンは63歳だ。若い頃はやり手で、家族からも尊敬されていたはずだったが、年とともに落ち目になる。自立できない30代の息子たちといがみ合い、築いた家庭は崩壊し、行き場を失い悲劇的な死へと向かう▲第二次大戦直後の好況期、セールスマンはアメリカンドリームの象徴とされた。だが、劇は老いの苦悩や、父と子の対立という現実を切なく描く。時は流れ、現在の日本でも60代の多くは不安を抱えている▲平均寿命は80歳を超え、60歳で定年退職しても20年以上の余命がある。退職金と年金では不安な「長い定年後」にどう収入を得るか、いかに第二の人生を送るかで迷い、悩む。65歳以上の高齢者は総人口の約28%にあたる約3500万人いる。定年後をテーマとする本がベストセラーになるのもうなずける▲親子関係で言えば、最近は「8050問題」も深刻になっている。80代になる親が長期間ひきこもる50代の子を支えるという構図だ。長寿化とともに当事者年齢が、かつてに比べ20歳ずつ増している感もある▲劇は今年も全米をはじめ豪州、英国、カナダなど世界で上演される。時代は変わっても、老いと家族の絆は不朽のテーマだ。老いの期間が長くなったぶん、現代のセールスマンはよりタフでなければならない。

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 長女はひつぎにうどんを二つ… 原爆小頭症の吉本さん逝く 孤独と痛みに耐えた74年

  2. 毎日新聞には冨岡義勇ら登場 「鬼滅」広告、5紙朝刊に掲載 最終巻発売など記念

  3. コロナで変わる世界 <教育編 インタビュー①>山極寿一氏が恐れる「オンラインで済む」という感覚 「知識だけでなく体験共有を」

  4. ORICON NEWS 『鬼滅の刃』2日連続で全国5紙ジャック、朝刊に広告「想いは不滅」 主要15キャラの名言&作者メッセージ掲載

  5. 「現場感覚ではもう今が限界」埼玉医大教授のSNS投稿が拡散 コロナ楽観論を懸念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです