メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

風知草

ハイテク中国 光と影=山田孝男

 アメリカと中国が、情報通信技術と宇宙開発でしのぎを削っている。

 なお米国優位だが、分野によっては中国が追い抜いたとも言われる。

 この争いの行き着く先はどこか? 答えは霧の中だが、中国の実力と歴史的背景を解説する「『中国製造2025』の衝撃」(PHP研究所、昨年12月刊)を興味深く読んだ。

      ◇

 著者は遠藤誉(ほまれ)・東京福祉大学国際交流センター長=筑波大名誉教授。「中国製造2025」は、習…

この記事は有料記事です。

残り1162文字(全文1364文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです