自民党大会

「パラ選手から勇気」谷垣氏登壇

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
車椅子で登壇し、手を上げる谷垣禎一前総裁=東京都港区で2019年2月10日、玉城達郎撮影
車椅子で登壇し、手を上げる谷垣禎一前総裁=東京都港区で2019年2月10日、玉城達郎撮影

 自転車事故で頸髄(けいずい)を損傷して政界を引退した自民党の谷垣禎一前総裁(73)が、10日の党大会で「スペシャルスピーチ」を行った。車椅子で登壇した谷垣氏は2020年東京五輪・パラリンピックに触れ、「自分が障害を負うと、一人一人抱えている課題は全部違うと感じる。パラアスリートがそれぞれの課題をどう乗り越えて大会に挑戦するか…

この記事は有料記事です。

残り248文字(全文412文字)

あわせて読みたい

ニュース特集