メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NHK

3年目の上田会長 手堅い組織運営、政権監視が課題

インタビューに応じるNHKの上田良一会長=東京都渋谷区で2019年1月25日、屋代尚則撮影

 NHKの上田良一会長(69)が就任から丸2年を迎えた。テレビ、ラジオを通じた「公共放送」から、インターネットも活用した「公共メディア」への転換の歩みを速め、テレビ番組のネット常時同時配信の2019年度実施に道筋を付けた一方で、報道面では「政権との距離」が適切かどうか疑問視する声もある。任期が残り1年を切った上田会長が今後直面する課題を探った。【屋代尚則、犬飼直幸、井上知大】

 三菱商事で副社長などを務めた上田氏は2013年、NHKの最高意思決定機関である経営委員会の委員に就任。16年12月、経営委は籾井勝人(もみいかつと)前会長の後任に上田氏を全会一致で選出した。会長在任中に政権寄りの言動などが問題視された籾井氏に比べて「穏やかな人柄で、雰囲気は良くなった」との声が局内で多い。

 NHKは、18~20年度の経営計画で重点方針に「公共放送」から「公共メディア」への進化を掲げる。その柱として19年度中の実施を目指してきたのが常時同時配信。総務省の有識者会議は昨年11月、GOサインを出し、実施に向けた放送法改正案が通常国会に提出される予定だ。

この記事は有料記事です。

残り2540文字(全文3014文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  2. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  3. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  4. 時の在りか 「もう菅政権になっている」=伊藤智永

  5. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです