メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けいざいフラッシュ

イワシもブームに 塩焼きで トマトやショウガと

 イワシやサバなどの青魚はドコサヘキサエン酸(DHA)など体に良いとされる成分が豊富。一足先にブームになったサバの缶詰に続き、最近はイワシが人気だ。和風にも洋風にも使えるように工夫した缶詰やパウチ食品が登場している。

     マルハニチロは昨年9月、缶詰の「どん帳」シリーズから「いわし塩焼」を発売。北海道近海で取れたイワシを漁港近くで加工。独自の機械で理想的な魚の焼き方とされる「遠火の強火」を再現し、均一に熱を加えうまみを逃がさずに、しっかりと火を通した。大根おろしを添えてご飯のおかずにしても、パンに挟んでサンドイッチにしてもよい。75グラム入り、参考小売価格184円。

     極洋が昨年3月発売した洋風総菜の缶詰「いわしのトマトパッツァ」=同<中>=はカゴメとのコラボ商品。濃縮トマト入りのソースでイワシを軟らかく煮込んだ。トマトの甘さと酸味がイワシのおいしさを引き出し、パスタやパンに合うほかさまざまな料理の素材にも使える。サラダに合わせたり、ナスやチーズと一緒にオーブンで焼いたりするのがお薦めという。90グラム入り、希望小売価格194円。

     はごろもフーズ(静岡市)は昨年8月、「いわしで健康 しょうが煮(パウチ)」を発売。ショウガをたっぷりと加え、風味豊かでショウガのしゃきしゃきとした食感を楽しめる。1人前食べきりサイズで開けやすく、後片付けも簡単。おかずにもう1品欲しいときにぴったりだ。90グラム入り、参考小売価格184円。

    おすすめ記事

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 札幌ドーム、収益どうなる 日ハム移転後は年3億円の赤字か
    2. ウソだった…宮迫博之ら11人を謹慎処分「2万〜3万円のギャラの芸人も 最初から全てを話すべきだった」(スポニチ)
    3. わいせつ動画投稿疑い 長崎県職員の22歳女を逮捕 京都府警
    4. 松本人志、闇営業の実態解明は“吉本に任せる”(スポニチ)
    5. 新天地へ・日ハム本拠地移転 /上 札幌ドームに強い不満 自由な経営選択 /北海道

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです