メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

希望新聞

東日本大震災 おいでよ 福島県いわき市 たまごの郷 コクと甘みの地養卵直売

自慢の「いわき地養卵」を持つ大柿純一さん=福島県いわき市泉町滝尻の「たまごの郷」で

 福島県いわき市の住宅街で、卵をかたどったオレンジ色の玄関がひときわ目立つ。毎朝、開店前から行列ができる養鶏場の直売店「たまごの郷(さと)」。お目当ては「いわき地養卵」で、「一度食べたら、スーパーの卵は食べられない。黄身は盛り上がり色も濃く、コクと甘みがある」と評判だ。白玉340円、赤玉390円(Lサイズ10個)とやや高めでも50個、100個とまとめ買いする人もいる。

 経営者の大柿純一さん(57)によると、卵を産み始めて1年以内の若鶏に海藻やヨモギ、クワの葉など独自…

この記事は有料記事です。

残り458文字(全文693文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

  2. 元パラ選手マリーケ・フェルフートさん安楽死 ロンドン、リオで金含む複数メダル

  3. 即位の礼 来日中のドゥテルテ大統領、饗宴の儀欠席 バイク事故で痛み、前倒し帰国へ

  4. ORICON NEWS 道端アンジェリカ、夫の逮捕で「夫婦の形が少しずつ変わってきています」

  5. 34年目の真実 松橋事件/中 子の人生も狂わせ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです