メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨年12月に開かれた「わろてまえ劇場2018」=大阪市中央区の大阪国際がんセンターで

 「笑い」が、がん患者の免疫に与える影響を調べる研究が大阪国際がんセンター(大阪市)で進んでいる。笑って気持ちが明るくなることで、免疫力を高める物質を分泌する能力が向上したという。どんな研究なのか、現場を訪ねた。

 ●患者が研究に協力

 「うちの父親は面白い父親でしたなあ」。落語家の桂文珍さんが「粗忽(そこつ)長屋」のまくらで、総入れ歯なのに「虫歯が痛い」と訴える父親のエピソードを紹介し、「『どこ?』。総入れ歯を外して『ここ』という」。軽妙な話芸に客席は笑いに包まれた。

 昨年12月、大阪国際がんセンターで開かれた「わろてまえ劇場2018」。がん患者に落語や漫才を楽しんでもらう催しだ。2日間に分けて、桂文珍さんのほか、落語家の桂米団治さん、笑福亭松喬さん、桂慶治朗さん、漫才コンビ「なすなかにし」、ピン芸人のもりやすバンバンビガロさんが出演した。

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1879文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  2. 紅白、星野源さんら5組は生でなく事前収録 NHK「演出上の都合」

  3. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 鼻出しマスク受験「眼鏡が曇るから」 釈放男性、トイレにこもった訳は

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです