メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

昨年12月に開かれた「わろてまえ劇場2018」=大阪市中央区の大阪国際がんセンターで

 「笑い」が、がん患者の免疫に与える影響を調べる研究が大阪国際がんセンター(大阪市)で進んでいる。笑って気持ちが明るくなることで、免疫力を高める物質を分泌する能力が向上したという。どんな研究なのか、現場を訪ねた。

 ●患者が研究に協力

 「うちの父親は面白い父親でしたなあ」。落語家の桂文珍さんが「粗忽(そこつ)長屋」のまくらで、総入れ歯なのに「虫歯が痛い」と訴える父親のエピソードを紹介し、「『どこ?』。総入れ歯を外して『ここ』という」。軽妙な話芸に客席は笑いに包まれた。

 昨年12月、大阪国際がんセンターで開かれた「わろてまえ劇場2018」。がん患者に落語や漫才を楽しん…

この記事は有料記事です。

残り1594文字(全文1879文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ドナルド・キーンさん死去 96歳 日本文学研究者、翻訳で国際化に貢献
  2. 戦後70年 今も続いている国民への忍耐押しつけ
  3. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
  4. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
  5. 時代の風 日本人の変わらぬ中国観 自国の立ち位置、直視を=城戸久枝・ノンフィクションライター

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです