連載

くらしナビ・ライフスタイル

日々の暮らしが豊かになる情報をお届けします。

連載一覧

くらしナビ・ライフスタイル

笑いでがん吹き飛ばせ

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
昨年12月に開かれた「わろてまえ劇場2018」=大阪市中央区の大阪国際がんセンターで
昨年12月に開かれた「わろてまえ劇場2018」=大阪市中央区の大阪国際がんセンターで

 「笑い」が、がん患者の免疫に与える影響を調べる研究が大阪国際がんセンター(大阪市)で進んでいる。笑って気持ちが明るくなることで、免疫力を高める物質を分泌する能力が向上したという。どんな研究なのか、現場を訪ねた。

 ●患者が研究に協力

 「うちの父親は面白い父親でしたなあ」。落語家の桂文珍さんが「粗忽(そこつ)長屋」のまくらで、総入れ歯なのに「虫歯が痛い」と訴える父親のエピソードを紹介し、「『どこ?』。総入れ歯を外して『ここ』という」。軽妙な話芸に客席は笑いに包まれた。

 昨年12月、大阪国際がんセンターで開かれた「わろてまえ劇場2018」。がん患者に落語や漫才を楽しんでもらう催しだ。2日間に分けて、桂文珍さんのほか、落語家の桂米団治さん、笑福亭松喬さん、桂慶治朗さん、漫才コンビ「なすなかにし」、ピン芸人のもりやすバンバンビガロさんが出演した。

この記事は有料記事です。

残り1505文字(全文1879文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集