メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

にほんでいきる 第68回教研集会報告 日本語指導、難しさ浮き彫り

教研集会の分科会「国際連帯・多文化共生の教育」では、全国の教員や研究者らが外国籍の子どもの指導について報告した=北九州市で2019年2月3日、奥山はるな撮影

 <kyoiku no mado>

 日本語が理解できないまま来日した児童生徒と、どう向き合えばいいのか。外国籍の子どもが年々増加する中、意思疎通の難しさや指導者不足といった課題が浮き彫りになっている。北九州市で1~3日に開かれた日本教職員組合(日教組)の第68回教育研究全国集会で、教員らが実情を報告した。【奥山はるな】

この記事は有料記事です。

残り1599文字(全文1759文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 雪まつりスタッフも感染 北海道5例目、「市中感染」する段階に 新型肺炎

  2. 中江滋樹さん、アパート火災で死亡か 「兜町の風雲児」元投資ジャーナル会長

  3. ORICON NEWS 元テレ朝・竹内由恵アナ 静岡在住のまま復帰へ「家庭も大事にしながら」

  4. 政府批判の神戸大教授が動画削除 「助言」の医師がFBで事実誤認を指摘

  5. 立憲・辻元氏に脅迫文「殺してやる」 党本部に届く 警視庁に被害届

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです