メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
将棋

第77期名人戦A級順位戦 三浦弘行九段-羽生善治九段 第34局の1

羽生、決意の九段

 羽生は竜王戦七番勝負に敗れて以来の対局。約27年ぶりの無冠で、初めて「羽生九段」として将棋を指す。呼称に関しては将棋連盟が羽生に意向を確かめたという。

 「前竜王」は1年間のみ名乗れる肩書。「前名人」とともに、昭和の終わりから平成初期まではよく使われていた。羽生の圧倒的な実績、将棋界への貢献度を考えれば、「永世七冠」という特別な肩書も可能性として考えられた。本人が希望すれば、将棋連盟は承諾したかもしれない。

 しかし羽生は、迷うことなく「九段」を選んだと聞く。改めてカッコイイと思った。過去の栄光にしがみつか…

この記事は有料記事です。

残り529文字(全文792文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  2. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  3. 女性タレントがサーファー救助のお手柄 警察が感謝状 千葉・一宮海岸

  4. 感謝状 橋に人影「もしや」説得し自殺防ぐ 女性を表彰 

  5. 投資家の滝本哲史さん死去 47歳 京大客員准教授 「僕は君たちに武器を配りたい」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです