メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく コシにも個性

「純手打ちうどん よしや」の冷たいかけうどん(小サイズ)=山田祐一郎さん提供

 福岡で暮らしているため、普段は福岡のうどんに慣れ親しんでいる。福岡のうどんの特徴としてよく言われているのが、やわらかな麺。博多のかいわいには今も、ゆでおきのうどんを用いる老舗が残り、ふわふわのやわ麺文化が健在だ。ゆでたてのうどんを出す店においても、やはり麺がやわらかい傾向にあるように思う。

 そんな福岡で「讃岐うどん」の話題が出ると、「ああ、あの硬い麺やろ」という声がよく上がる。やわ麺文化の福岡だから、「讃岐うどんイコール強いコシ」というイメージがとりわけ強いのかもしれないが、他の県においても、それほどその認識にズレがあるようには思わない。

 年始に讃岐うどんを食べに行った。数えてみると6度目の香川入り。真っ先に向かったのは、丸亀市で200…

この記事は有料記事です。

残り836文字(全文1159文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 生理で体育見学の女子生徒に口頭で理由報告させる 滋賀の県立高
  2. 「巡査、強靱な体力で順調に回復」と府警本部長 拳銃強奪
  3. 漫画で解説 逃げても罪にならない!?の巻
  4. 逃走 実刑の男、刃物持ち 地検収容時、車で 110番2時間後 神奈川
  5. 中国道でタンクローリーの窓たたき割り強奪し乗り捨て 暴行容疑で逮捕の男関与か

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです