メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

慎ましい発想の歌=酒井佐忠

 篠弘選の「毎日歌壇賞」を2007年と昨年と2回受賞した荒木由紀子さん(福岡県久留米市、66歳)の第1歌集『花柄の壁紙』(砂子屋書房)が刊行された。まさに「毎日歌壇」で育った人だ。短歌とは遅い出会い。インテリアコーディネーターとして多忙な日々を過ごしていたが、ふと手にした篠さんの歌集『至福の旅びと』に魅せられ、熱心に投稿した。それから20年。ひたむきに短歌に向き合い『花柄の壁紙』が誕生した。

 <日すがらを籠れる母の壁紙にモリスの花柄を施主に勧めむ>

この記事は有料記事です。

残り414文字(全文640文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「偉業だ」「安穏としていられない」 各国メディア、日本の勝利絶賛 ラグビーW杯

  2. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  3. 台風19号で堤防決壊の千曲川 リンゴ畑は壊滅状態

  4. ラグビーW杯 台風19号で試合中止のカナダ代表、釜石で土砂除去などボランティア

  5. 「きょうはただの試合ではなかった」 日本代表、台風の被災者に心寄せるコメント相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです