メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団ハーフマラソン

大石3位 日本人トップ

 第47回全日本実業団ハーフマラソン大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など後援)が10日、山口市の維新みらいふスタジアムを発着点とするコースで開かれ、男子はアモス・クルガト(中電工)が1時間1分6秒で初優勝した。日本人トップは27秒差で3位の大石港与(トヨタ自動車)。招待選手でハーフマラソン日本記録保持者の設楽悠太(Honda)は欠場した。女子は佐藤早也伽(積水化学)が1時間9分27秒で初優勝を果たした。(午前10時の気象=晴れ、気温4・5度、湿度75%、無風)

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1135文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 二階氏「ケチつけるな」に見え隠れする「権力集中の弊害」

  2. 政府への怒り・いら立ちが書き込みの大半に 一部でマスコミ批判も 毎日新聞世論調査

  3. 爆笑問題の田中裕二さん、くも膜下出血・脳梗塞で救急搬送され入院

  4. NY株、過去最高値を更新 ナスダック、SPも 米新政権の経済対策が後押し

  5. ORICON NEWS 新型コロナワクチン、6割超「受けたくない」 女子高生100人にアンケート

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです