メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全日本実業団ハーフマラソン

大石3位 日本人トップ

 第47回全日本実業団ハーフマラソン大会(日本実業団陸上競技連合主催、毎日新聞社など後援)が10日、山口市の維新みらいふスタジアムを発着点とするコースで開かれ、男子はアモス・クルガト(中電工)が1時間1分6秒で初優勝した。日本人トップは27秒差で3位の大石港与(トヨタ自動車)。招待選手でハーフマラソン日本記録保持者の設楽悠太(Honda)は欠場した。女子は佐藤早也伽(積水化学)が1時間9分27秒で初優勝を果たした。(午前10時の気象=晴れ、気温4・5度、湿度75%、無風)

この記事は有料記事です。

残り897文字(全文1135文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 差別発言の長谷川豊氏、公認取り消しも 維新・松井代表が検討指示
  2. 全政府統計の6割強不適切 プログラムミス、ルール違反、公表遅延など
  3. 元フジアナの長谷川豊氏が差別発言 参院選擁立予定の維新は処分検討
  4. 歌手の田口淳之介容疑者と女優の小嶺麗奈容疑者を逮捕 自宅で大麻所持の疑い
  5. ペイペイ不正利用 愛知県警が全国初摘発 PCなど詐取 容疑で栃木の男逮捕

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです