メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界距離別選手権 高木美2位 女子1500メートル

女子1500メートルで2位の高木美=共同

 【インツェル(ドイツ)共同】スピードスケートの世界距離別選手権最終日は10日、ドイツのインツェルで行われ、女子1500メートルで平昌冬季五輪銀メダルの高木美帆(日体大助手)が1分53秒32で2位となった。同五輪覇者のイレイン・ブスト(オランダ)が1分52秒81の快記録で優勝。高木菜那(日本電産サンキョー)は13位、佐藤綾乃(高崎健康福祉大)は16位だった。

 マススタートは平昌五輪覇者の高木菜が佐藤とともにエントリー。

この記事は有料記事です。

残り1113文字(全文1324文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 富士通 早期退職に2850人
  2. マムシ 露天風呂でかまれる 京丹後市営温泉で男性客 市が防除など指示 /京都
  3. 堀ちえみさん、口腔がん「ステージ4」 ブログで公表
  4. 感染症 ネコにかまれ50代女性死亡 マダニが媒介
  5. 廃車「プリウス」の部品活用 秋田のベンチャーが小型発電機販売へ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです