メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

今期一番! 高橋&永作の「みかづき」 塾業界から見る時代変化も

 1月にスタートしたドラマは、視聴者に続けて見たいと思わせるだけの熱量が不足していないか。決して悪くはないのだが、没頭できぬままテレビの前に座る作品が少なくない。

 そんな気持ちを払拭(ふっしょく)させてくれるドラマが登場した。今期ナンバー1として強く推したいのが、1月26日にスタートした、土曜ドラマ「みかづき」(NHK総合)だ。5回連続の3回分が終わったが、まだ十分間に合う。

 小学校の用務員をしていた頃から、教育に関して卓越した才能を有していた天才講師、吾郎を演じるのが高橋一生。彼の才能をいち早く見抜き、仕事、プライベートのパートナーとして吾郎を口説き落とし、塾の経営に大いなる才能を発揮する千明役は、永作博美だ。

この記事は有料記事です。

残り420文字(全文730文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 愛子さま、19歳に 今春に大学進学 オンライン授業、課題などで忙しく

  2. 深刻、コロナ後遺症 倦怠感、呼吸困難…「仕事できない」 進まぬ周知 医師、診断できず

  3. 愛子さまが学習院大に初登校 新入生向けガイダンスに出席

  4. 「結婚は認める」しかし… 秋篠宮さま、重い立場に複雑 「見える形」での説明求める

  5. ORICON NEWS 今年の“新語”大賞は「ぴえん」 新型コロナ関連のワードも続々トップ10入り

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです