メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

堺屋太一さん死去

社会、流行鋭く先読み 万博企画、近未来小説

 8日死去した堺屋太一さんは、博覧会プロデューサー、ベストセラー作家、経済評論家、閣僚、学者などさまざまな肩書を持ち、幅広い分野で活躍した。「団塊の世代」の造語に代表されるように、社会現象や流行をいち早く読み取る能力に優れ、鋭い感性で社会への発信を続けた。

 堺屋さんは大学時代、建築家を志した。その時の知識や人脈は、1970年の大阪万博を若手芸術家たちの祭典へと導くことになった。大阪万博では岡本太郎さん(画家)、磯崎新さん(建築家)、黒川紀章さん(同)、横尾忠則さん(画家)らが活躍した。

 まだ知名度が高くはなかった岡本さんを展示プロデューサーに充てたのも堺屋さんだった。「若いエネルギー…

この記事は有料記事です。

残り785文字(全文1080文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです