メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

いじめ重大化をAIで予測

[PR]

 滋賀県大津市しがけんおおつしで2011ねん10がつ同級生どうきゅうせいからいじめをけていた市立しりつ中学ちゅうがく年生ねんせい男子生徒だんしせいと当時とうじ13さい)が自殺じさつした事件じけんです。学校がっこう教育委員会きょういくいいんかいが、いじめにかんする情報じょうほうをしっかり公表こうひょうしていなかったことがあきらかになりました。

     この事件じけんをきっかけに、いじめ防止対策推進法ぼうしたいさくすいしんほうが13ねんにできました。被害者ひがいしゃ家族かぞくにしっかり情報じょうほう提供ていきょうし、いじめをふせ組織そしき学校がっこうもうけることなどがさだめられました。重大じゅうだいなケースについては専門家せんもんか第三者だいさんしゃによる委員会いいんかい各地かくちかれるようになりましたが、被害者ひがいしゃがわへの説明せつめい不十分ふじゅうぶんになるケースが相次あいつぎ、課題かだいになっています。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

    2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

    5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです