メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

校閲フラッシュ

どうやってかけるの

[PR]

 プロレスごっこの経験けいけんなどがないとピンとこないかもしれませんが、プロレスわざの「4のがため」は、わざをかけられるがわあしがアラビア数字すうじの「4」のかたちになるため名付なづけられたわざです。「よん」ではありません。バイクの「はち走行そうこう」も同様どうようです。「8の」でなければ1ひとりえがくのは無理むりでしょう。文字もじかたち意味いみ場合ばあいもあるのです。

     たようなものには女性じょせい忍者にんじゃ「くのいち」があります。「おんな」という構成こうせい由来ゆらいなのですが、2かくが「の」ではへん文字もじになります。カタカナの「ノ」で「くノいち」でなければなりません。


     校閲こうえつとは、文章ぶんしょう内容ないよう文字もじあやまりをただし、かりやすい文章ぶんしょうにすることです。このコーナーでは、校閲記者こうえつきしゃで、紙面しめんを、社会しゃかいを、つめます。

    おすすめ記事
    広告
    毎日新聞のアカウント
    ピックアップ
    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

    2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

    3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

    4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

    5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    今週のおすすめ
    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです