メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

特集ワイド

前略 金正恩委員長 核よりフランスパンを

談笑しながら会談場に向かう金正恩朝鮮労働党委員長(左)とトランプ米大統領=シンガポールで2018年6月12日、朝鮮中央通信・朝鮮通信

 2回目の米朝首脳会談がベトナムで開かれる。かつてアメリカと激しく戦ったアジアの分断国家、ベトナムは統一をなし遂げ、めざましい経済発展が続く。北朝鮮の指導者、金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長も豊かさをつかみたいはずだが、核・ミサイルを捨てる覚悟がはっきりしない。長く北朝鮮をウオッチしてきた私はいまこそ、かの国の岐路だと思い、正恩氏へ手紙を書くことにした。【鈴木琢磨】

 ベトナムといえば、あなたの祖父、金日成(キムイルソン)主席も訪ねています。1958年11月、中国へ…

この記事は有料記事です。

残り2739文字(全文2977文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです