メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

読書日記

著者のことば 美濃部由紀子さん 自分を生ききって

美濃部由紀子さん=内藤絵美撮影

 ■志ん生が語るクオリティの高い貧乏のススメ 美濃部由紀子(みのべ・ゆきこ)さん 講談社+α新書・907円

 明治に生まれ、大正、昭和と激動の時代を生きた名人、古今亭志ん生(1890~1973年)。その話芸は今なお人々を魅了し続ける。NHK大河ドラマ「いだてん」の語り手として、ビートたけしさんが演じていることでも話題だ。

 著者は志ん生の長男・十代目金原亭馬生の次女、すなわち志ん生の孫に当たる。副題に「昭和のように生きて…

この記事は有料記事です。

残り716文字(全文926文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 埼玉誘拐初公判 外出時助け拒まれ絶望…少女の調書明かす
  2. 埼玉少女誘拐 24歳被告「盗みより罪が軽いと思ってた」
  3. 朝霞少女誘拐 判決言い渡し延期…被告、不規則発言続ける
  4. わいせつ目的で女子中学生誘拐容疑 名古屋の会社員を逮捕 SNS使い誘い出す
  5. ORICON NEWS 繊細すぎる“タコ切り絵”海外からも高評価、普段は会社員のママクリエイター「表現したいのは立体感」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです