メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

第73回毎日映コンの顔

/2 柄本佑/塚本晋也/遠藤協、大沢未来(共同監督)

 第73回毎日映画コンクールの受賞者紹介2回目は、男優主演賞、男優助演賞、ドキュメンタリー映画賞の計4人の声をお届けする。表彰式は14日、川崎市で華やかに行われる。

 ◆男優主演賞 「きみの鳥はうたえる」 柄本佑

 撮影前、困ったことがあったという。「役名は『僕』でした。『高橋』でも『小林』でも、名前があれば人物像をイメージできるのに……。いかに役名に助けられていたのか、思い知りました」

 北海道・函館を舞台に、書店アルバイトの「僕」と同僚の佐知子(石橋静河)、同居人の静雄(染谷将太)の3人が織りなす関係を繊細に描いた青春映画。「僕」の人物像は、三宅唱監督と何度も酒を酌み交わしながら作った。「『僕』は絶対、キャップをかぶっていそうだよね、なんて話しながら。キャップを決めたら他の部分もだんだんイメージが固まっていった」

この記事は有料記事です。

残り1302文字(全文1662文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 休園?一部受け入れ?それとも原則開園? 緊急事態宣言、保育園「どうしたら…」

  2. 現金給付の厳しい条件など「不満のオンパレード」自公に続出 早くも「更なる経済対策を」

  3. 保育園は休園?買い占めで食料不足?補償はいつ? 緊急事態宣言で市民に渦巻く不安

  4. 緊急事態宣言 休業か、一部営業か「あらゆる事態想定」 対応追われる百貨店

  5. 「緊急事態宣言」8日午前0時効力発生へ 首相、記者会見で説明へ 新型コロナ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです