メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・大楽人

心も弾む、なわとび愛 ロープスキッピング全日本選手権3連覇・稲葉海哉さん

ばく転宙返りをしながら五重跳びを披露する稲葉さん=東京都江戸川区の江戸川大学で

 なわとびをしたことがある人は少なくないはず。では、それを発展させた「ロープスキッピング」という競技はご存じだろうか。昨年12月に行われた全日本選手権で個人総合3連覇を達成し、30秒間にかけあし跳びを105回跳び日本記録も樹立したのが、江戸川大1年の稲葉海哉(かいや)さん。なわとび界を担う若きエースに、話を聞いた。【筑波大・西美乃里、写真は成城大・風間健】

 なわとびを競技として応用したロープスキッピング。だが、ただ縄を跳ぶだけにはとどまらない。四重跳びや宙返りなどの技を組み合わせ、パフォーマンスの出来栄えを競う「フリースタイル」や、制限時間内で跳んだ回数を競う「30秒スピード」など、競い方はさまざま。稲葉さんは、全日本選手権の舞台で、その両種目で1位を獲得した。

この記事は有料記事です。

残り1803文字(全文2138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. おとなの週末 文政6年から続く酒蔵が経営するそば屋。香り高く甘い常陸秋そばと清酒で乾杯♪

  2. GmailなどGoogle複数のサービスで一時障害か

  3. かわいさにメロメロ スナネコの赤ちゃん公開 神戸どうぶつ王国

  4. 阪神の浜地投手が新型コロナ陽性 19日の中日戦に1軍登板

  5. 近鉄南大阪線で電車の窓ガラス破損相次ぐ 原因不明

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです