メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

キャンパる・大楽人

心も弾む、なわとび愛 ロープスキッピング全日本選手権3連覇・稲葉海哉さん

ばく転宙返りをしながら五重跳びを披露する稲葉さん=東京都江戸川区の江戸川大学で

 なわとびをしたことがある人は少なくないはず。では、それを発展させた「ロープスキッピング」という競技はご存じだろうか。昨年12月に行われた全日本選手権で個人総合3連覇を達成し、30秒間にかけあし跳びを105回跳び日本記録も樹立したのが、江戸川大1年の稲葉海哉(かいや)さん。なわとび界を担う若きエースに、話を聞いた。【筑波大・西美乃里、写真は成城大・風間健】

 なわとびを競技として応用したロープスキッピング。だが、ただ縄を跳ぶだけにはとどまらない。四重跳びや…

この記事は有料記事です。

残り1909文字(全文2138文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

  4. ラグビーW杯観戦後、酔って警備員の顔殴った容疑 電通新聞局長を逮捕 容疑を否認

  5. 即位の儀の恩赦60万人規模に 対象限定「復権」のみ実施

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです