メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界距離別選手権 一戸4位 男子1500メートル

 【インツェル(ドイツ)共同】スピードスケートの世界距離別選手権最終日は10日、ドイツのインツェルで行われ、男子1500メートルで一戸誠太郎(ANA)が1分43秒54の好記録で4位と健闘した。トマス・クロル(オランダ)が1分42秒58で優勝し、山田将矢(日大)は10位、小田卓朗(開発計画研究所)は12位。

 マススタートは女子の佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、男子の一戸が5位となった。平昌冬季五輪女王の高木菜…

この記事は有料記事です。

残り348文字(全文551文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 記者も身を寄せた避難所 「体育館で雑魚寝」でいいのか

  2. 北朝鮮密輸船 寄港百回超、日本各地に 韓国は禁止、国連制裁逃れに利用の恐れ

  3. 「僅差で可決」覆した緊急動議 残留への潮目変わるか 英EU離脱審議

  4. ラグビーW杯 日本、4強入りならず 南アに3-26

  5. 福島処理水問題 安全基準の「ずれ」埋めよ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです