メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

西川ヘレンのこれ食べてみて

蒸しずし のれそれのお吸い物 甘く酸っぱく、早春たらふく

蒸しずし(左)とのれそれのお吸い物=山田尚弘撮影

 「前回、蒸しずしの話をしたので、作ってみましょね」と西川ヘレンさん。ということで今回の献立は、京都の冬の風物詩です。

 京都生まれのヘレンさんの冬の香りといえば、甘酸っぱい蒸しずしの香り。新京極のおすし屋さんの店の前で、せいろの湯気とともに立ち上っています。そんなお話を前回、伺いました。

 「言うてるだけではなんなので」とヘレンさんが作ってくれる蒸しずしは、1膳ずつ作るお手軽版で、「酢飯にしなくても、残りご飯でいいですよ」。

 そこはご飯にひと工夫。シイタケ、ニンジン、レンコン、タケノコ、高野豆腐、薄揚げのみじん切りをちょっ…

この記事は有料記事です。

残り1336文字(全文1599文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 目黒虐待死 懲役18年求刑された父、涙で「本当に本当にごめんなさい」

  2. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  3. セクシーの意味は「魅力的」と政府答弁書 直近5年で閣僚発言なし 小泉氏発言

  4. 「幸楽苑」150店舗を当面休業 台風19号が福島・郡山の工場に影響

  5. 路上生活者の避難拒否 自治体の意識の差が浮き彫りに 専門家「究極の差別だ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです