メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

スピードスケート

世界距離別選手権 一戸4位 男子1500

 【インツェル(ドイツ)共同】スピードスケートの世界距離別選手権最終日は10日、ドイツのインツェルで行われ、男子1500メートルで一戸誠太郎(ANA)が1分43秒54の好記録で4位と健闘した。トマス・クロル(オランダ)が1分42秒58で優勝し、山田将矢(日大)は10位、小田卓朗(開発計画研究所)は12位。

 マススタートは女子の佐藤綾乃(高崎健康福祉大)、男子の一戸がともに5位となった。平昌冬季五輪女王の…

この記事は有料記事です。

残り405文字(全文608文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会招待者名簿、資料要求の日に廃棄 「シュレッダー空いてなかったから」

  2. 昭恵夫人「私人」なのに「桜を見る会」で推薦枠? 公私混同では?

  3. 優香さんが妊娠を発表 夫は青木崇高さん

  4. 介護疲れか 殺人容疑で逮捕の妻「3人の首絞めた」 福井・敦賀

  5. キャバクラ暴行死 未婚10代母、遠い自立 娘残し無念

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです