メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

旧網干銀本店

大正建築、ロマン再び 地域の遺産、レストランに 兵庫・姫路

旧網干銀行の外観(画像の一部を加工しています)=兵庫県姫路市網干区で、大西達也撮影

 20世紀初頭にドイツやオーストリアで広がった建築様式を取り入れた大正時代のレンガ造りの洋風建築「旧網干銀行」(兵庫県姫路市網干区新在家)の建物が今年6月にも、レストランとして再生される。老朽化とともに取り壊されることの多い近代建築を使用しながら存続させるユニークな取り組みで、専門家は「地域の文化遺産を継承する貴重な試みだ」と評価している。【幸長由子】

 旧網干銀行は大正時代に存在した銀行で、その後合併で神戸銀行(現三井住友銀行)となった。建物は192…

この記事は有料記事です。

残り754文字(全文981文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 京都府警・木津署長が自殺か 息子の金銭トラブルで報道
  2. レンジで袋ごと温めるポテトチップス発売 開発2年半の労作 カルビー
  3. 元プロボクサーを傷害容疑で逮捕 リモコンで殴られた男性死亡 大阪府警
  4. 悪質動画 後絶たず 男子高生、集団で殴る蹴る 投稿し拡散 新潟
  5. おかあさんといっしょ 「すりかえかめん」も終了 よしお兄さん「だじゃれはアドリブ」

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです