メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
企業保育所

連携の力 福岡15事業者、協会設立へ 認知度向上や人材確保

 待機児解消策として始まった「企業主導型保育事業」に携わる福岡市や近郊の約15の事業者が連携し、運営ノウハウや保育の質の向上を目指す「企業主導型保育協会」を今月設立する。制度開始からまだ3年だが、定員割れや園休止といったトラブルも出ていることから、保育士確保や情報発信で協力し、新しい保育形態を子育て世代や保育士に広く知ってもらおうと結集した。【青木絵美】

 「企業勤めの子供でないと入れないと思っている親もまだ多く、周知が課題」。福岡市東区に昨年3月に開園…

この記事は有料記事です。

残り820文字(全文1048文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです