メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

統計不正「引き継ぎなし」 前政策統括官が釈明 衆院予算委

衆院予算委員会で厚生労働省の毎月勤労統計の不正調査問題について答弁する同省の大西康之前政策統括官=国会内で2019年2月12日午前10時、川田雅浩撮影

 厚生労働省の大西康之前政策統括官は12日午前の衆院予算委員会で、毎月勤労統計の不正調査問題について、昨年7月の統括官着任時に前任者から「調査方法の変更があったが、今は落ち着いている」との引き継ぎを受け、統計不正について当時は知らなかったと説明した。

 予算委は、同省の統計担当責任者から事実上更迭された大西氏を8日に続いて参考人招致。勤労統計は昨年8月に総務省統計委員会が不自然さを指摘していたが、大西氏は「その時点で抽出などの説明を受けておらず、知らなかった」と語った。大西氏は同12月に厚労省幹部に不正を報告したが、同省は今年1月8日まで公表しておらず、定…

この記事は有料記事です。

残り421文字(全文701文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 米国防総省「強い懸念と失望表明」 韓国のGSOMIA破棄で声明

  2. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  3. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  4. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです