首相「国境線画定で平和条約締結」 “2島返還”は明言避ける 衆院予算委

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
衆院予算委員会で共産党の志位和夫委員長(左列手前から4人目)の質問に対し、パネルのグラフを指さして答える安倍晋三首相(右)=国会内で2019年2月12日午後3時22分、川田雅浩撮影
衆院予算委員会で共産党の志位和夫委員長(左列手前から4人目)の質問に対し、パネルのグラフを指さして答える安倍晋三首相(右)=国会内で2019年2月12日午後3時22分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は12日の衆院予算委員会で、北方領土問題を含む日露平和条約締結交渉について「国境線が画定されたことをもって、領土問題を解決して平和条約を締結する」と述べた。プーチン露大統領が昨年9月に提案した領土問題を「棚上げ」しての平和条約締結を改めて否定した形だ。一方、歯舞群島、色丹島の「2島返還」による条約締結の可能性に関しては明言を避けた。立憲民主党会派の岡田克也元外相の質問に答えた。

 岡田氏が平和条約交渉に臨む姿勢をただすと、首相は「平和条約の対象は、4島の帰属の問題だと一貫した立場だ。これから後退していることは全くない」と強調した。

この記事は有料記事です。

残り592文字(全文866文字)

あわせて読みたい

ニュース特集