メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

NY株4日続落、53ドル安 米中協議の不透明感意識

 週明け11日のニューヨーク株式市場のダウ工業株30種平均は4営業日続落し、前週末比53.22ドル安の2万5053.11ドルで取引を終えた。米中両政府による貿易協議の先行き不透明感が意識され、方向感に乏しい展開になった。米企業業績の減速懸念や、米政府機関再閉鎖への警戒感も相場の重しとなった。

     一方、ハイテク株主体のナスダック総合指数は9.71ポイント高の7307.91と続伸した。

     銘柄別では、中国でのスマートフォンの販売不振が嫌気されたアップルが売られた。一方で、スポーツ用品のナイキは上昇した。(共同)

    毎日新聞のアカウント

    話題の記事

    アクセスランキング

    毎時01分更新

    1. 器物損壊 車内で体液かける 府教委指導主事に有罪判決 地裁 /京都
    2. 「おまえのせいでとれなかった。殺すぞ」 ポケGO中か 警察官殴った疑い、男逮捕
    3. 園児に「バカ」「ブタ」、押し入れに閉じ込め…保育園で暴言・体罰13件 福岡市が改善勧告
    4. 授業中、不必要に名前を連呼など 一部教員のいじめも認定 高2自殺再調査報告書 山口・周南市
    5. 姫路市立中学 講師、ストーブで女子生徒を殴る /兵庫

    編集部のオススメ記事

    のマークについて

    毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです