メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

イラン革命から40年 「反米」で国威発揚図る

 イランの首都テヘランで開かれた革命40年に合わせた式典で、行進する参加者ら=11日、共同

 イスラム聖職者による政教一致の支配体制が樹立された1979年のイラン革命から40年となるのに合わせ、イラン各地で11日、記念式典が開かれた。米国との対立が深まり経済低迷で社会に閉塞(へいそく)感が漂う中、式典では「米国に死を」のスローガンが叫ばれ、国威発揚が図られた。

 ロウハニ大統領は首都テヘランで演説し、核合意を離脱した米国の制裁を念頭に「国民生活にいくつかの問題が起きているが、われわれは負けない。団結して困難を克服する」と強調。米欧が懸念を表明するミサイル開発も引き続き進める考えを表明した。

 テヘランの大通りでは式典の一環として、革命を指導した故ホメイニ師や現在の最高指導者ハメネイ師の写真…

この記事は有料記事です。

残り330文字(全文631文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. カジワラさん「入国時、約2時間入管で足止め」 辺野古移設でサイト署名呼びかけ人
  2. アクセス 即位で10連休、非正規悲鳴 月7万円減収/人手不足で「働き詰め」 格差の放置浮き彫り
  3. 「非正規に励み」「画期的な判決」 ボーナス不支給違法判断、大阪高裁
  4. 社説 ホンダの英国撤退 最後の警報が鳴っている
  5. 中江首相秘書官「検討申し上げたかも」 勤労統計対象入れ替え

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです