メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

フレディの聖地に巡礼者続々 「ボヘミアン・ラプソディ」のヒット機に

 1986年9月、栃木県足利市の栗田美術館にお忍びで訪れたフレディ・マーキュリーさん(右)

 英ロックバンド「クイーン」の軌跡を描いた映画「ボヘミアン・ラプソディ」の大ヒットを機に、クイーンのボーカル、故フレディ・マーキュリーさんが生前に訪れた場所を巡る「聖地巡礼」の旅先として、伊万里焼などを収蔵する栃木県足利市の栗田美術館が人気を集めている。

 クイーンは1975年に初来日し、85年までに日本で多数の公演を開催。フレディさんは自宅に日本庭園をつくり、陶磁器を収集するほどの親日家として知られた。映画内でも和風のつぼや着物、寺のお札が飾られた自宅の設定がファンの間で話題になっている。

 フレディさんが栗田美術館を訪れたのはお忍びで来日した86年。数人の知人と共に創設者の故栗田英男さん…

この記事は有料記事です。

残り415文字(全文712文字)

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「クルーズ船で入国し失踪」外国人 初の年間100人超 九州で全体7割
  2. 三鷹でアパート火災、1階の部屋から1遺体
  3. レオパレスの融資実態、一斉調査へ 金融庁、施工不良問題巡り
  4. 硫黄島戦没者遺骨 遺族「DNA鑑定を」 厚労省は「遺品なし」理由に拒否
  5. 大坂選手「成功より幸福感大事」 コーチ契約解消で

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです